logo
Kickstarter

“充電コーナー”がスッキリするUSB充電台--Kickstarterで目標額の2倍を調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地味な外観だがとても便利なUSB充電台「Fishbone Charging Station」が、クラウドファンディングサービスKickstarterで人気を集めている。


地味だけどとても便利(出典:Kickstarter)

 Fishbone Charging StationはUSBポートを5個備えており、スマートフォンやタブレットなどデバイス5台を同時に充電できる。これだけポートがあれば、充電のためだけにPCのUSBポートをふさぐことがなくなる。


“充電コーナー”がスッキリする(出典:Kickstarter)

 Fishbone(魚の骨)という名前からわかるように、上から見ると魚の骨のような形をしている。“骨と骨のあいだ”に充電中のデバイスを立てられるうえ、長いUSBケーブルも巻き付けておけるので、ゴチャゴチャしがちな“充電コーナー”をスッキリさせられる。


長いケーブルも巻き付けてスッキリ(出典:Kickstarter)

 また、コンセントとFishbone Charging Stationはメガネコードで直接接続し、壁などのコンセントに邪魔なACアダプタを使わずに済む。

 6ポート合わせた最高出力は6.8A。各ポートの接続デバイスに適した量の電流が自動的に給電されるため、ユーザーが意識してポートを使い分けなくても適切に充電できる。


最適な電流量に自動調整(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間9月17日まで。目標金額の3万ドルに対し、記事執筆時点(日本時間9月1日11時)で2倍を超える約7万ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集