logo

アプリ名や配布URL、APKファイルまでバックアップできる「シェアアプリ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名: シェアアプリ
金額:無料(2015年8月30日時点)
カテゴリ:ツール
開発:Wow App
使用端末:Xperia Z3 Compact
おすすめ度:★★★★☆

 「シェアアプリ」は、Androidのスマホやタブレットにインストールされているアプリの情報またはAPKファイルを書き出せるアプリだ。アプリ名やストアのURLを書き出すか、あるいはAPKファイルそのものをバックアップすることにより、他人にそのアプリをおすすめしたい場合や、再度そのアプリをインストールしたい場合などに役立つ。


ホーム画面。書き出したいアプリにチェックを入れ、下段の「共有リンク」もしくは「共有APK」をタップする

 本アプリを起動すると、Androidスマホやタブレットにインストールされているアプリがずらりと表示される。その中から必要なアプリにチェックを入れ、画面下段の共有リンクもしくは共有APKのいずれかをタップすると、共有のためのメニューが表示されるという流れだ。

 共有リンクでは、アプリの名称、バージョン、ダウンロード元のGoogle PlayストアのURLがテキスト情報で書き出せる。これをメールやSMSアプリで書き出すことで、友人におすすめする場合に役立つほか、機種変更時などにおいて、手動での再インストール時に重宝するというわけだ。

 もうひとつの共有APKでは、プログラムの元ファイルであるアプリのAPKファイルを直接バックアップできる。Dropboxなどのオンラインストレージに書き出しておけば、万一新しいバージョンでアプリの動作が不安定になったり、あるいはストアでの配信が中断された場合でも、バックアップしておいたAPKファイルから再インストールができるというわけだ。共有リンクボタンをタップした段階でいったんローカルに書き出されるのだが、そのデータが保持されている間はアプリ一覧上で色が変わるので、どのAPKファイルが保持されているか見分けやすい。

 同種のアプリは以前紹介した「MyAppSharer」などいくつかあるが、本アプリはリストの一覧性が高く、またソート機能が充実しているため多数のアプリをインストールしている環境でも目的のアプリを探しやすいこと、また(多少の違和感はあるが)メニューが日本語化されているのが強みだ。システムファイルを書き出せるのも利点のひとつだが、デフォルトでは表示がオンになっており、あまりにアプリ数が多いことからリストが見づらくなるため、不要であればチェックを外してやるとよいだろう。

  • 「共有リンク」をタップすると、アプリの名称、バージョン、ダウンロード元のGoogle PlayストアのURLがテキスト情報で書き出せる。これはメールに貼り付けた状態。複数のアプリの情報をまとめて書き出せる

  • 「共有APK」をタップするとAPKファイルがローカルに書き出されるので、必要に応じてオンラインストレージなどにアップロードしておくとよい

  • APKファイルが書き出されたアプリは、アプリ名が緑色に変わるのでひとめで分かる

  • バックアップされローカルに保存されているアプリの一覧。オンラインストレージなどへのアップロードを終えたら、ローカルのファイルは消してやってもよいだろう

  • ソート項目が充実しているので多数のアプリがインストールされていても探しやすい

  • デフォルトではシステムファイルも表示されるようになっているが、アプリ数が多く見づらくなるため、チェックを外してやったほうがよい

>>「シェアアプリ」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集