Uber、アリゾナ大学と地図および安全技術の研究で提携

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年08月26日 12時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 配車サービスを提供するUberは米国時間8月25日、アリゾナ大学と提携し、地図および安全技術の研究に注力することを発表した

 この提携により、同州のツーソン市民はUberの地図試験車が路上を走るのを目にすることになる。これらの車は、普通の自動車のような外観をしているが、ルーフに地図用の装置を搭載している。

 Uberは、スマートフォンアプリを通じて乗客とドライバーを結びつけるサービスを展開しており、カーネギーメロン大学と同様の提携を結んでいる。これらの提携により、同社もこれらの機関を使って、自動運転車の開発を進めているのではとの憶測を呼んでいる。Uberの最高経営責任者(CEO)Travis Kalanick氏は、自動運転車に強い興味を示しており、同社ドライバーをいつか置き換える可能性があることさえ述べている。

「われわれは、可能なことの初期状態にまだある」と述べるUberの先進技術担当バイスプレジデントのBrian McClendon氏(右端)
「われわれは、可能なことの初期状態にまだある」と述べるUberの先進技術担当バイスプレジデントのBrian McClendon氏(右端)
提供:Uber

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加