logo

中国発セキュリティアプリ「360セキュリティ」、日本ユーザー獲得に本腰

井指啓吾 (編集部)2015年08月18日 17時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国の大手セキュリティ企業である奇虎360グループの360モバイル・セキュリティ・リミテッドは8月18日、Android端末向けのセキュリティアプリ「360セキュリティ」の日本市場での戦略を明かした。


360モバイル・セキュリティ・リミテッドのCOOであるコウ・エン氏

 同アプリは2013年6月に公開。世界に約8億人のユーザーがいる奇虎360のセキュリティ技術を全面導入しているのが特徴だ。360モバイル・セキュリティ・リミテッドのCOOであるコウ・エン氏によれば、同アプリの世界でのユーザー数は約2億人、そのうち日本市場では300万人だという。8月18日にテレビCMの放映を開始したほか、今後、世界に先駆けてiOS版を投入することで、2015年内に500万人にまで増やすことを目標に据えている。アプリは引き続き無料で提供する考えで、アプリ内広告などで収益を得るという。

 主要機能は3つ。ウィルスやマルウェア、不正アプリ、フィッシングなどの脅威から端末を守る「アンチウイルス」、実行中のアプリを終了させて端末の動作速度を向上させる「ブースト」、端末の不要なファイルなどを削除してストレージ容量を確保し、システムの安定性や動作速度を高める「クリーンアップ」を備える。


「360セキュリティ」の主要機能

 そのほか、端末の紛失、盗難時にGPS情報をもとに端末の位置を特定できる機能や、インストールしたアプリごとにパターンロックをかけられる機能、設定した特定の連絡先からの着信やSMSをブロックできる機能などもある。アプリ内課金などはなく、すべて無料で利用できる。

 「日本市場は360モバイルにとって重要かつチャレンジングだ」とエン氏は説明する。日本はモバイルインターネットが高度に発達しており、成熟したスマートフォンユーザーが多く、“まじめで理性的な国民性”であることから、「日本のユーザーの厳しい意見をもとに品質を向上させ、それを世界に提供していきたい」と日本展開に期待を寄せている。

 その一環として、製品の先行使用とレビューを任せる「体験チーム」を2015年内に日本で立ち上げる。100人のユーザーや識者などを募り、製品の最新バージョンを体験する機会を提供、そのフィードバックをもとに製品を改善する。他国では実施していない日本が初めてとなる試みだという。

 同社は今後、欧州や北米、東南アジアでもマーケティングを展開していく計画だ。

-PR-企画特集