logo

HTC、大規模なレイオフを発表--全従業員の15%を削減へ

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年08月14日 11時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンメーカーのHTCが大規模なレイオフを発表した。業績不振にあえぐ同社は現在、共同創設者兼最高経営責任者(CEO)のCher Wang氏が立て直しに取り組んでいるところだ。

 HTCは現地時間8月13日、「プレミアスマートフォンと仮想現実、コネクテッドライフスタイル製品」に改めて集中する広範な取り組みの一環として、全従業員の15%を解雇することを発表した。3月31日にHTCの2014会計年度が終了したとき、同社の全従業員数は1万5685人だった。今回のレイオフで、最終的に2300人以上が職を失うことになる。

 HTCは8月6日に2015年第2四半期の決算を発表したとき、レイオフの可能性を示唆していた。同社の第2四半期の全世界売上高は330億台湾ドル (10億4000万ドル)で、前年同期の651億台湾ドルのわずか半分だった。それを受けて、同社は「全社的な効率化策を実施して、組織全体の営業経費を削減」する方法を模索している、と述べた。企業の世界では、それはレイオフを意味することが多い。

 レイオフは、経営不振に陥るHTCの現在の様子を反映している。HTCは、スマートフォンメーカーとして存在感を示した時期もあったが、その後、Appleの「iPhone」やサムスンのGalaxyシリーズなど、各社の主力製品との競争に敗れた。世界が目をつける中国市場でも、中国のHuaweiやXiaomiが市場シェアを伸ばす中、顧客の獲得に苦戦した。

 HTCは経営陣を刷新して巻き返しを図ってきた。3月には、長年CEOを務めてきたPeter Chou氏が退き、共同創設者兼会長のCher Wang氏が同職に就いた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集