iOSアプリレビュー

入力文字数をカウントし、他のアプリに流し込める「文字数カウンター」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文字数カウンター
価格: 無料(2015年08月14日時点)
おすすめ度:

4.0

  • 開発:Yoji Shimobayashi
  • カテゴリ:仕事効率化

 「文字数カウンター」は、入力したテキストの文字数をカウントし、TwitterやFacebook、メールやSMSなど、さまざまなアプリに流し込めるテキスト編集ツールだ。決まった文字数でテキストをあらかじめ作成してから投稿できるので、投稿文字数に制限のあるサービスなどで、書いたり削ったりしているうちにうっかり消してしまうといったミスを防げる。

 アプリを起動するとテキストの入力画面が表示されるので、そのままテキストを入力する。画面上部には入力した文字数がリアルタイムで表示されるので、文字数を見ながら付け足したり、削ったりするなどの調整も容易だ。改行や空白、半角文字の数え方について細かく設定できるのも利点だが、フォントサイズが固定されており調整できないのはややマイナスだ。

 入力したテキストはTwitterやFacebook、LINE、メールやSMSなど、さまざまなアプリを経由してそのまま投稿できる。iPhoneの共有メニュー経由で流し込むので、幅広いアプリに対応するのが利点だ。また単純なコピーや、Dropboxへのアップロードなどにも対応する。

  • ホーム画面。入力するたびに文字数がカウントされるので、調整も容易に行える

  • 改行や空白、半角文字の数え方について細かく設定できる

  • 「シェア」ボタンをタップすると共有メニューから他のアプリに流し込める

 もうひとつのメリットとして、テキストを下書き状態で本アプリ内に保存しておき、必要な時に呼び出せることが挙げられる。下書き機能が存在しないか、あっても下書きを呼び出す手順が面倒なアプリでも、本アプリを組み合わせればテキストを時間をかけて加筆し、仕上げて投稿する作業が容易になる。メールやツイートの定型文を保存しておき、繰り返し利用するという、テンプレート用途でも重宝する。

 ネックなのは、多数のテキストを保存する際、フォルダ分けなどの分類方法が用意されていないこと。また一括インポートおよびエクスポート機能がないため、機種変更時にテキストを移行する際は、作成したテキストをDropboxなどに書き出して再びコピペするなど、ひとつずつでしか移行させられないことだ。これら多数のテキストを容易に管理できるようになれば、iPhone上でのテキストの作成をこれ1本でまかなうことも可能だろう。

  • これはTwitterの投稿フォームに流し込んだところ。Gmailアプリのように、タイトルと本文の両方に同じテキストが流し込まれるなど、アプリによってはうまくいかない場合もある

  • これまでに作成したテキストは「履歴」から呼び出せる。フォルダ分けやソートなどの機能はない

>>文字数カウンターのダウンロードはこちらから
ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加