logo

東芝、タイムシフトマシンへと進化した「REGZA J20X」

加納恵 (編集部)2015年07月29日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝ライフスタイルは7月29日、4K液晶テレビ「REGZA」に新シリーズ「J20X」を追加した。Jシリーズとしては初となる「タイムシフトマシン」機能を搭載する。発売は8月12日。

 J20Xシリーズは、55V型の「55J20X」(想定税別価格:34万円前後)、49V型の「49J20X」(同:29万円前後)、43V型の「43J20X」(同:24万円前後)の3モデルをラインアップ。いずれも「全面直下LED」を搭載したほか、新エンジン「4KレグザエンジンHDR」を搭載し、上位機同様の高画質性能を備える。


「REGZA J20X」シリーズ

 白く輝く部分を立体的に再現する「アドバンスドHDR復元」、色つぶれをせず質感を正確に再現する「インテリジェントカラーテクスチャー復元」、文字周りのノイズを滑らかに再現する「グラフィックスエッジクリア」という3つの高画質化技術を投入。フルHD映像を4K映像にアップコンバートする際の高画質化を実現する。

 機能面では、タイムシフトマシンを搭載することで、放送中の番組をボタン1つで最初から見られる「始めにジャンプ」、放送済みの過去番組表から見たい番組を再生する「過去番組表」、たくさんの番組の中から見たい番組へすぐにたどりつける「新ざんまいスマートアクセス」機能などを網羅する。

 「みるコレ」にも対応し、放送中の番組や録画番組、これから放送される番組など横断的に見たい番組をピックアップすることが可能。YouTube動画まで含めた検索ができ、好きなジャンルや人物の番組を見逃すことなく視聴できる。

 タイムシフトマシンとして使用するには、別売のUSB HDDが必要になるが、従来2つのUSB HDDに地上デジタル放送を3チャンネルずつ録画していたものが、1つのUSB HDDで6チャンネル分録画できる仕様に変更。さらにタイムシフトマシン録画時間増設用の専用ポートも備え、タイムシフトマシン、通常、タイムシフトマシン増設用と3つのUSB HDDを接続することが可能だ。

 本体には地上デジタルチューナ9基、BS/110度CSデジタルチューナ3基を搭載し、BSも地上デジタル放送も「見ながらW録」に対応する。

 2016年2月のアップデートにより、HDMIの新規格であるHDR入力に対応するほか、「Netflix」「ひかりTV 4K」「4Kアクトビラ」にも2015年9月以降に対応する予定。コンテンツ保護規格「SeeQVault(シーキューボルト)」にも対応し、対応HDDと組み合わせることで、テレビの買い替え時に録画番組の引っ越しが簡単になるほか、SDカードにダビングしてSeeQVault対応のPC「dynabook」などで視聴できる。

  • 全面直下LEDを採用する

  • 「4K REGZA」最速の約0.05フレームの低遅延でゲームにも最適

  • リモコン

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集