logo

生放送の発信拠点「AmebaFRESH!Studio」が原宿にオープンへ--サイバーエージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「AmebaFRESH!」のサービスイメージ

 サイバーエージェントは7月6日、同社が運営する「Ameba」(iOS/Android)において、2015年秋にスマートフォン向け生放送アプリ「AmebaFRESH!」を開始すると発表した。あわせて、サイバーエージェントグループの動画サービスで放送するインターネット番組の発信拠点として、原宿駅の竹下口に公開スタジオ「AmebaFRESH!Studio」を7月18日にオープンする。

 AmebaFRESH!は、スマートフォンで生放送の番組を視聴できる動画プラットフォーム。タレントや著名人が出演する生放送番組、サッカーや格闘技、サーフィンなどの幅広いスポーツの試合中継、ライブやフェスなど音楽イベントなどさまざまなジャンルのコンテンツを生放送で視聴できるという。

 AmebaFRESH!Studioには、サテライト放送が可能な2つの公開スタジオ、記者会見やイベントが実施可能な多目的スペース、個人配信が可能な16の個室スタジオなどがあり、番組の模様をスタジオの外から観覧できるという。


「AmebaFRESH!Studio」

 さらに、生放送アプリであるAmebaFRESH!を中心に、7月9日提供開始予定の個人のライブ配信アプリ「宅スタ」、7月中旬提供予定のタレント特化型ライブ動画アプリ「アメスタ」、今冬提供予定のテレビ朝日と共同提供する多チャンネル動画プラットフォーム「AbemaTV」など、同社グループが展開する複数の動画サービスと連動した企画を予定しており、年内に5000以上の番組やイベントの実施を予定しているという。

-PR-企画特集