logo

ヤマハ、テレビの前か下か--設置スタイルで選べるサラウンドシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは6月25日、テレビの前に置けるバータイプのフロントサラウンドシステム「YAS-105」(想定税込価格:3万円前後)と、テレビの下に置けボックス型のTVサラウンドシステム「SRT-700」(同:3万8000円前後)を発表した。YAS-105は7月中旬、SRT-700は7月下旬に発売する。

 YAS-105は、高さ53mm×幅890mm×奥行き131mm、重量4.0kgのスリムなサウンドバー型。スタンドが低い薄型テレビの前に置いても、画面を遮ることなく視聴でき、本体底面のポジション切り替えスイッチをスライドすれば、壁掛け設置も可能だ。

 メインL/Rスピーカには、真円形ユニットを採用。7.5cm口径サブウーファやトゥイータ、実用最大出力120Wのハイパワーアンプを内蔵したほか、高効率のバスレフポートも装備し、クリアで迫力のある高音質サラウンドを実現した。

  • YAS-105

  • YAS-105の入出力端子

  • YAS-105のリモコン

 SRT-700は、高さ65mm×幅546mm×奥行き300mm、重量6.1kgで、薄型テレビの下に設置することができるボックス型。約30kgの荷重に耐えることができ、42V型以下の薄型テレビを載せて設置できる。

 4cm×10cm口径の楕円形フロントL/Rスピーカを採用し、伸びのある高域とクリアな中域による抜けの良い音質を実現。7.5cm口径サブウーファと実用最大出力120Wのハイパワーアンプを内蔵。バスレフポートを背面に装備し、低域から高域まで臨場感あふれるサラウンドを楽しめる。

  • SRT-700

  • SRT-700の入出力端子

  • SRT-700のリモコン

 2機種とも、セリフを聞き取りやすくする「クリアボイス」や、テレビのリモコンで本機の操作が可能になる「テレビリモコン学習」機能を搭載。Bluetoothにも対応し、スマートフォンやタブレットなど対応機端末の音楽をワイヤレス再生できる他、専用アプリケーションをインストールした端末で、再生や停止など本機の操作も可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集