logo

USENとレコチョク、店舗向けBGMサービス開始--アプリで配信、無断BGM店へも訴求

加納恵 (編集部)2015年06月16日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 左からUSEN取締役会長の宇野康秀氏とレコチョク代表取締役社長の加藤裕一氏

 USENとレコチョクは6月15日、店舗用BGMサービス「OTORAKU-音・楽-」(OTORAKU)を協業により開始すると発表した。iPadを使った定額制音楽配信として提供する。

 月額税別使用料は3780円(月額税別2980円~提供できる「OTORAKU 3年割」などの長期使用割引も用意)。初期費用として事務手数料3000円が必要になるほか、ユーザーの環境に応じて音響機器設置工事費などのサポート費用が発生する。7月1日に東京、大阪でサービスを開始し、その後は全国へ向け段階的に拡大していく。

 USENが新サービスの構築、アプリ開発、店舗への営業活動、店舗導入におけるサポートを担当し、レコチョクは楽曲提供やマーケティングデータ収集を担う。USEN取締役会長の宇野康秀氏は「USENは長い間、セットトップボックス(STB)を用いた有線放送という概念で店舗向けに音楽を提供してきた。しかしOTORAKUは配信型という新しい音楽配信ビジネスで、著作権の内容もSTBとは異なる。その部分をレコチョクと協業することで、クリアにすることができた。USEN単独では成し得なかったサービスの実現」と協業におけるメリットを話した。

 サービスは専用アプリで提供され、iPadのみに展開する。App Storeからアプリをダウンロードし、契約手続きを踏むことで使用することが可能だ。楽曲数はUSENサービスと同等の300万曲強を用意。サービス開始当初は、「HEALING」「WORLD」「イージーリスニング」などのカテゴリ、「美容」「アパレル」「雑貨」などの業種から選べる約300のプレイリストをそろえ、プレイリストを選ぶだけでテーマにあった音楽が流れる。

 新たに「店舗オリジナルプレイリスト」を設け、独自のプレイリストを作成することも可能。1曲ずつ選択できるほか、既存のプレイリストに曲を追加したり、削除したりして、オリジナルプレイリストを作れる。また、好きな曲を即時に頭出し再生できる「カットイン機能」も装備。通常のプレイリスト再生中でも、バースデーソングに切り替えられるなど、便利に使うことができる。

  • 「OTORAKU-音・楽-」のロゴ。レコチョクの「R」とUSENの「U」に赤色を採用する

  • プレイリストはカテゴリのほか、業種から選択可能

  • 「店舗オリジナルプレイリスト」が作成できる

 USENでは、BGM利用業種店舗は現在305万件あると考えており、うち74万件はUSEN、10万件がそのほかのBGMサービスを利用しているとのこと。OTORAKUは、それ以外の約220万件をターゲットに据える。その中には先日、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が無断BGM使用として法的措置を取ったことでも話題になった違法使用店、不適切利用店も含まれる。

 OTORAKUでは、著作権処理が入った状態の楽曲を数多くラインアップするほか、アプリを使った簡単な配信環境を整えることで、BGMの適正な利用を促す。

 また、従来のSTBを用いたUSENサービスは、安定性に優れているため、今回の配信型サービスとはすみ分けしながら提案していく方針だ。

 レコチョク代表取締役社長の加藤裕一氏は「店舗向け音楽配信サービスで圧倒的に強いマーケットリーダーであるUSENと一緒にサービスを作れたことに喜びを感じている。OTORAKUは、USENとレコチョクの足し算ではなく、掛け算になることで、今の時代だからこそできる新しい店舗向けサービスを提供できると確信している」とサービス開始にあたっての期待を話した。

 当初はiPad向けのみのサービスになるが、ユーザーからの要望や市場動向を見ながら、対応OSや端末の拡大も検討していくとのこと。初年度で3万件を目標にしている。


スペシャルゲストとして華原朋美さんが登場した
   

-PR-企画特集