logo

クラウドにデータ保存、どこからでも見られるネットワークカメラ--エルモ「QBiC CLOUD CC-1」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • エルモ「QBiC CLOUD CC-1」。GoProと同じAmbarella製のチップを採用しており、据置型のGoProとでも呼ぶべき、映像のクオリティの高さが特徴

 エルモの「QBiC CLOUD CC-1」は、IPX4に対応し、屋外でも利用が可能なネットワークカメラだ。セーフィーが提供するクラウド防犯カメラサービス「safie」と組み合わせることで、1週間分の映像をクラウド上に保存し、外出先からでも映像をチェックできる。今回は実際にsafieを利用し、従来のネットワークカメラとはどこが違うのかを見ていこう。

宅内でも外出先からでもシームレスにカメラの映像が見られる

 本製品は従来のネットワークカメラとは異なり、クラウドサービスが主体であり、カメラが従という関係になっている。カメラ単体でリアルタイム視聴は可能だが、クラウドサービスを組み合わせることで過去1週間分の映像データを外出先から見たり、動体検知でアラートを表示したりと、本領を発揮できるというわけだ。

 設定は簡単で、製品を設置したらまずスマホにインストールした専用アプリを起動し、Bluetoothで本製品に接続したのち、宅内Wi-Fiが使っているSSIDを入力する。作業はこれだけで、すぐにアプリからカメラの映像が見られるようになる。以下はスマホ(iPhoneアプリ)からの設定手順だが、PCからでもセットアップは可能だ。

  • アプリを起動したら、まずクラウドサービスの「safie」に会員登録を行う。メール認証して完了

  • 続けてカメラとアカウントを結びつける作業を行う

  • Bluetoothを有効にしておけばカメラが自動的に検索される

  • 接続可能なWi-FiのSSIDが表示されるので、SSIDを選択してパスワードを入力

  • 登録完了。「OK」をタップするとカメラに接続される

  • 無事に映像が表示された。複数のカメラをひとつのアカウントで管理することもできる

  • 設定画面。状態表示ライトのオンオフやマイク、ナイトビジョンモードなどの制御が行える。検知イベントもここで必要なものだけをオンにする

 safieを利用することで、7日分のカメラの映像がクラウドに保管され、外出先からでも自由に視聴できる。一般的なネットワークカメラだと、LANからは問題なく観られたが外出先から観られずに四苦八苦したりといったことがあるが、本製品はルータのポート開放などの設定を行う必要もなく、実にあっさりと接続できる。

 もちろん録画データの視聴以外に、リアルタイムでの視聴にも対応している。宅内(LAN)で観るのも、外出先(WAN)から視聴するのも、いずれの場合もクラウドを経由しての視聴となるので、見た目の違いはまったくない。宅内から観る場合でもクラウドを経由して映像信号を送るため、何秒かの遅延は発生するが、仕組みを知っておけば納得して使える。

 唯一、録画データの一部を静止画でキャプチャする際は、画面に表示されている映像と取得した静止画のタイミングがずれるため、意図通りの画像を得るのに試行錯誤が必要になる。ここは将来的に改良を希望したいところだ。

 録画データについては、ネットワークカメラにありがちな、動体検知センサに反応した前後だけが保存される仕組みではなく、7日分のデータをまるごと保存した上で、動体検知センサが「動きあり」と判断した箇所がタイムライン上にマークが入った状態で表示される。そのため、動きがあったところだけを頭出ししながら観るのはもちろんのこと、動きがなかったところをチェックするのにも便利だ。「動きがなかったことになっているが検出ミスではないか」「実はカメラが動作していなかったのではないか」と首をひねることもなく、信頼性は極めて高い。

  • 動体検知センサが反応した場合に、アプリもしくはメールで通知を受け取れる

  • これはアプリで通知を受け取ったところ。ひんぱんに反応するとかなり多くの通知を受け取ることになるので必要に応じてオンオフを切り替えたい

  • アプリから招待メールを送ることで、受け取った相手とカメラの映像をシェアする機能もある。解除もアプリ上から行えるので、家族など恒久的にシェアする場合のほか、一時的に映像を誰かに見せたい場合も重宝する

-PR-企画特集