logo

タイトー、ゲーセン向けマルチ電子マネー決済システムの運用を5月29日から順次開始へ

佐藤和也 (編集部)2015年05月24日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タイトーは、複数の電子マネーに対応予定の決済端末を、5月29日からタイトーステーション アリオ蘇我店に導入する。同店舗では、まず電子マネー「nanaco」に対応したマルチ電子マネー端末約180台を、メダルゲーム機やパンチングゲーム機を除いたほぼすべてのゲーム機に導入する。今後他の電子マネーも対応予定としている。

  • nanacoでの決済イメージ

 同社が運営するアミューズメント施設「タイトーステーション」へマルチ電子マネー決済システムを導入することについては、2015年2月のジャパンアミューズメントエキスポ2015にて発表。1プレイ100円という概念にとらわれない1円単位での柔軟な価格設定、決済のスピーディーさ、オペレーターの集金作業の負担軽減、また電子マネー決済を前提としたゲーム開発も可能としている。

 アリオ蘇我店への導入については、同社による来客者への調査でnanacoの保有率が50%を越えていること、また両替の手間が減ることや電子マネーのポイント付与に対する期待もあり、「電子マネーが導入されたら使いたい」と回答した人が約90%にものぼったことが挙げられるという。

  • オリジナルのスペースインベーダーパスケース

 電子マネーサービスの開始を記念し、5月29日からの3日間、対象のゲーム機2台においてnanacoを使用したユーザーに限り、「セブン&アイ」にちなんで1プレイ7円、2プレイ11円でゲームが利用できるイベントを実施。さらに、nanacoで500円利用したユーザー、またはタイトーステーション店頭前で実施されるnanaco新規入会キャンペーンにおいてnanacoに入会した人には、オリジナルのスペースインベーダーパスケースがプレゼントされる。なお入会キャンペーンは、5月30日と31日の2日間イトーヨーカ堂で実施される。

 マルチ電子マネー決済システムにおけるこの先の予定としては、6月には「タイトーステーション イオンモール明和店」(WAON対応)、「タイトーステーション アリオ八尾店」(nanaco対応)の2店舗、7月には東京都内の店舗へ導入予定。2016年3月末までに、40店舗での導入を計画しているという。

-PR-企画特集