logo

ソフトバンク、ガラケー2機種を発表--宮内社長「必要ない」発言から3日後

飯塚 直 藤井涼 (編集部)2015年05月22日 17時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは5月22日、2015年夏のラインアップとして従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)を発表した。今回発表されたのは、パナソニックモバイルコミュニケーションズの「COLOR LIFE 5 WATERPROOF」とZTEの「かんたん携帯8」の2機種。

 同社は5月19日に2015年夏モデルの新製品発表会を開催したが、その場ではフィーチャーフォンは発表されなかった。ソフトバンクモバイル代表取締役社長 兼 CEOの宮内謙氏は同会で、今後も少数は販売するとしながらも「本質的にはガラケーは必要ない」と語っていたが、それからわずか3日後にプレスリリースでひっそりと発表した形だ。

 COLOR LIFE 5 WATERPROOFは、5月29日に発売されるフィーチャーフォン。約3.4インチフルワイド(854×480ドット)の大画面を特徴とする。IPX5/7の防水、IP5Xの防塵性能を備え、よく利用する機能を3つまで登録できる「マルチワンタッチボタン」を搭載する。


「COLOR LIFE 5 WATERPROOF」

 かんたん携帯8は、6月以降に発売されるフィーチャーフォン。よく連絡する相手先を登録可能な「ワンタッチボタン」を5つ搭載したほか、1週間利用できるという1100mAhの大容量バッテリの採用や防犯ブザーの搭載、見やすさを追求した大きな文字表示などが特徴の製品。また、IPX5の防水、IP5Xの防塵性能も備えている。


「かんたん携帯8」

 なお、NTTドコモやKDDIはAndroid OSを採用したいわゆる“ガラホ”を発表しているが、今回発表された2製品は従来通りのフィーチャーフォンとなる。

-PR-企画特集