logo

時間を決めてスマホを操作できなくする「スマホ依存タイマー2」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名: スマホ依存タイマー2(ScreenLockTimer)
金額:無料(2015年5月24日時点)
カテゴリ:ツール
開発:Hirotaka Watanabe
使用端末:KYOCERA KCP01K
おすすめ度:★★★☆☆

 「スマホ依存タイマー2」は、指定した時間、スマホを利用できなくするアプリだ。特定のアプリを指定するのではなく、スマホごと操作を受け付けなくする仕組みで、仕事中や勉強中など、忙しい時などについついスマホを触ってしまう“スマホ依存”を防止するのに役立つ。同種のアプリでは、親などの管理者が子に使わせないことを前提にした、小中生向けのアプリも多いが、本アプリはあくまで自分自身を律するためというコンセプトのアプリだ。

 使い方は簡単で、起動して「Start」をタップすると時間(分)の入力を求められるので、10分なら「10」、1時間なら「60」と入力してOKをタップする。即カウントダウンが開始され、バックボタンやタスクボタンが機能しなくなる。電話の発信などいくつかの操作を除けば、まったく操作を受け付けなくなるので、スマホ依存を防止するのに効果を発揮するというわけだ。

  • ホーム画面。アプリ単位でロックするのではなく、端末ごとロックするのが特徴

  • まずは画面左下の「Start」をタップしてロックする時間(分)を指定する

  • セットが終われば確認して「はい」をタップ。いったんセットすると解除は困難なので慎重に行おう

  • カウントダウンが開始される。この時点で、バックボタンやタスクボタンを用いることはできなくなる

  • 緊急用の電話発信だけは可能な仕組みだが、操作は10秒以内に行う必要がある。ちなみに仕様上、電話を受信するとロックが解除される仕組みなので、緊急時などにどうしてもロックを解除したければ、誰かに電話をかけてもらうのが手っ取り早い

  • ロック中も電源ボタンからの操作で再起動するなどの操作は可能だが、再起動が完了すると残り時間のカウントが再開される

 本アプリの特徴は、アプリごとではなく、端末ごとロックしてしまうことだ。同種のアプリでは、アプリごとにロックする仕組みが多く、細かいカスタマイズは可能なものの、設定にはどうしても手間がかかってしまう。本アプリはスマホごとロックを掛けるという単純明快な仕組みなので、アプリをコツコツ登録する必要もなく、思い立ったらすぐに使える。自分で設定したブロックルールをかいくぐりつつスマホを使うことができないので、意思が弱い人にはぴったりだ。

 またロック中に電源ボタンを長押ししてハードウェアを再起動した場合も、再起動が完了すると残り時間のカウントダウンが再開するなど、容易には解除できない仕組みになっている。実際には再起動直後にアプリを強制終了させたりアンインストールするなどの方法で解除できなくはないのだが、よほど深刻な理由がない限り、それだけの手間をかけてまでロックを解除しようとは思わないだろう。そうした意味で、アプリの意義は相応にあると言ってよい。

 この種のロックアプリは、あまり簡単に解除できては意味がなく、またロックが強固すぎると万一の際に融通が効かないことから、バランスが非常に難しい。その点本アプリは、解除がまったく不可能ではないものの、簡単に解除することはできないという点で、実用性が高いアプリに仕上がっている。スケジュール機能などもなくシンプルイズベストな設計だが、アプリ単位でルールをこつこつ設定するわずらわしさに馴染めなかった人におすすめできるアプリだ。

  • 一日にどれだけの時間スマホに触れずに済んだかを集計し、カレンダー表示する機能も用意されている

  • 本アプリの利用者同士で、スマホに触れずに済んだ時間をランキングする機能も用意されている

>>「スマホ依存タイマー2」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集