logo

デノン、ヘッドホンアンプも装備したワンボディコンポ「D-M40」シリーズ

加納恵 (編集部)2015年05月15日 12時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「D-M40」シリーズ

 ディーアンドエムホールディングスは、デノンブランドからシステムコンポ「D-M40」シリーズを発表した。6月上旬に発売する。ヘッドホン専用アンプを搭載する。

 D-M40は、CDプレーヤー、FM/AMチューナ、アンプを一体化したCDレシーバ「RCD-M40」(税別価格:4万2800円)と、スピーカシステム「SC-M40」(同:1万7800円)から構成されるシステムオーディオ。CDレシーバとスピーカを自由に組み合わせられるMシリーズの最新モデルになる。

 CDレシーバ部には、ヘッドホンでも高音質再生ができるヘッドホンアンプを搭載。3段階のゲイン切り替え機能も備え、インピーダンスの高いヘッドホンでも最適な音量が得られる。

 アナログ音声入力1つ、光デジタル入力2つ、サブウーファ出力1つ、ヘッドホン出力1つを装備し、デジタルプレーヤオーディオプレーヤーやPCなどとの接続も可能。フロントにはUSB端子を搭載し、WAV、FLAC、AAC、MP3、WMAファイルの音楽データも再生できる。

 サイズは高さ115mm×幅210mm×奥行き309mmで、重量約4.0kg。ボディカラーはプレミアムシルバーとブラックの2色になる。

  • 「RCD-M40」プレミアムシルバー

  • 「RCD-M40」ブラック

  • 背面

 スピーカシステムは、2.5cmのソフトドームトゥイータと12cmのペーパーコーンウーファを搭載したバスレフ型。15mm厚のMDFをキャビネットに用いることで、箱鳴りを抑え、安定した音響特性が得られるとしている。

 サイズは高さ238mm×幅145mm×奥行き234mmで、重量約3.6kg。チェリーとブラックの2色をそろえる。

  • 「SC-M40」チェリー

  • 「SC-M40」ブラック

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集