logo

オリンパス、チタニウムカラーの「OM-D E-M5 Mark II」特別セット--限定7000台

坂本純子 (編集部)2015年05月12日 14時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスは5月11日、ミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M5 Mark II」に特別色のチタニウムカラーを施した「OM-D E-M5 Mark II Limited Edition Kit」を6月下旬に発売すると発表した。全世界で限定7000セットを販売する。

5段分の強力5軸手ぶれ補正機構を搭載したOM-D E-M5 Mark II
5段分の強力5軸手ぶれ補正機構を搭載したOM-D E-M5 Mark II
本革カードケース
本革カードケース
特製の本革ストラップ
特製の本革ストラップ

 2月に発売したOM-Dシリーズの最新機種にフィルム時代の一眼レフカメラ「OM-3Ti」(1994年発売)のチタニウムのボディーカラーを採用したもので、CP+で参考出品として展示され話題となっていた。

 特別カラーのOM-D E-M5 Mark IIとレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II」のほか、特製の本革ストラップと、限定キットであることを証明する通し番号を記載したオーナーズカード、本革カードケースがセットになっている。専用ストラップとカードケースは、ボディーのチタニウムカラーにフィットするよう細やかに色合を調合したものという。市場想定価格は17万円前後。

 なお、同日オリンパスはマイクロフォーサーズシステム規格に準拠した2つのレンズを発表している。

 1つは世界初の大口径F1.8対角線画角180度高性能魚眼レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO」(35mm判換算16mm相当)で、価格は13万5000円(税別)。もう1つは大口径でプロユースに対応する高性能超広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」(35mm判換算14mm-28mm相当)で、価格は17万円(税別)。いずれも6月下旬に発売予定だ。

-PR-企画特集