logo

画像で撮った日本語文書をワードやPDFに--MSのスキャナアプリ「Office Lens」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Office Lensは、Microsoftからリリースされているスキャナアプリだ。高度な画像処理機能により、日本語の文書でも、テキスト検索が可能なPDFに変換できる。撮影モードは、「写真」「ドキュメント」「ホワイトボード」の3種類で、撮影した画像を、目的に合わせて自動的に処理してくれる。また、多少斜めから撮影しても、まっすぐになるように自動的に補正されるので、厳密にまっすぐ撮ろうとしなくても大丈夫だ。また、撮影済みの写真を読み込んで処理することもできる。

 使い方は簡単で、スキャンしたい写真や文書をテーブルなどの平らな場所に置いてOffice Lensでモードを選択し、撮影するだけだ。処理が終わったら撮影した画像が表示されるので、取り直すかトリミングを行う。良ければ「完了」をタップすると、画像のエクスポート先を選択する画面が表示される。

 エクスポート先は、「OneNote」「OneDrive」「Word」「PowerPoint」で、これらは、いずれもiOS版のアプリが用意されているアプリだ。その他、「PDF」「メール」「写真ライブラリ」を選択できる。Microsoft系のアプリを使わない場合は、PDFに書き出すのが最も使い勝手がいいだろう。また、画面右下の共有アイコンをタップすると、iOSデバイスにインストールされている他のアプリに渡すことも可能だ。ただ、直接共有先を選択した場合は、画像としてそのまま保存される。PDF内を検索できる状態で保存したい場合は、いったんPDF化してから「最近行ったアップロード」一覧から再度PDFを開いて、共有先を選択する必要がある。

 ビジネスでは、名刺や書類など、紙を扱うことが多い上に、MicrosoftのWordやPowerPointなどのアプリケーションを使うことも多いだろう。そのため、Office Lensでサッと書類を撮影して、他の文書に挿入したり、Microsoftが提供するクラウドストレージであるOneDriveに保存したりできると、デジタル化した紙の保存が楽になり、紙の活用範囲が広がる。Microsoft系のみならず、他のアプリに渡せるという点も、利用しやすい。EvenoteのScannableと同じくらい便利なので、両方を目的に合わせて使い分けるのもお勧めだ。

  • Microsoftのアカウントでログインする必要がある

  • 書類を平らな所に置き、3種類からモードを選択して撮影する

  • 撮影した画像を確認する。取り直しやトリミングができる

  • トリミングを選択すると、トリミング用のガイドが表示されるので、ドラッグして位置を調整する

  • エクスポート先はMicrosoft系のアプリの他、PDFやメール形式も選択できる

  • 「最近行ったアップロード」にファイル一覧が表示され、再度共有先を選択することも可能

>>Office Lensのダウンロードはこちらから
ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集