アマゾン、外部ECサイトとのID連携を日本でも開始--決済時の手間省く

井指啓吾 (編集部)2015年05月11日 16時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンは5月11日、Amazon.co.jp(Amazon)以外のECサイトにAmazonのIDでログインをして決済ができるサービス「Amazon ログイン&ペイメント」を日本でも開始した。同サービスを導入したECサイトでのみ利用できる。これにより、ユーザーはサイトごとに住所やクレジットカード番号などを入力する手間が省ける。またサイト運営事業者は、カート画面からの注文成約率の改善が見込める。米国では注文成約率が10~34%改善したECサイトがあるという。

  • アマゾンジャパンのディレクターでセラーサービス事業本部 事業本部長の星健一氏

 どのECサイトでも簡単に導入ができるわけではなく、申し込みをした事業者の中からアマゾンが審査をして決定する。アマゾンは導入企業から一定の手数料を得る。なお、クレジットカード情報はアマゾンのセキュリティシステムで管理されて外部のECサイトには共有されない仕組みで、「配送に必要な情報のみ」をECサイトに提供するとしている。サービス開始にあたり、公演チケットを販売する「劇団四季」と、ピザや弁当などを販売する「出前館」が導入したことを発表した。

 Amazon ログイン&ペイメントは2013年10月に米国で開始。現在は、英国、ドイツ、インドでも導入されている。アマゾンジャパンのディレクターでセラーサービス事業本部 事業本部長の星健一氏は「日本を除いた4カ国では、(同サービスは)すでに数千の事業者に導入されている。日本でも同様に、大きな数の導入を見込んでいる」と話した。


「劇団四季」での利用イメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加