バンナム、パックマンなど17タイトルのIPをオープン化へ--国内クリエイターに開放

佐藤和也 (編集部)2015年03月31日 12時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコゲームスは3月31日、同社の保有するゲームタイトルのIP(知的財産)を、国内のクリエイターへ開放するオープン化プロジェクトを4月下旬より開始することを発表した。

  • 「パックマン」

    (C)BANDAI NAMCO Games Inc.

 この施策は、対象となるタイトルにおいて通常の版権許諾とは異なりキャラクター監修は行なわず、簡易的な企画審査のみでコンテンツ提供を可能とするもの。対象となるのは「パックマン」、「ギャラクシアン」、「ゼビウス」、「マッピー」、「ギャラガ」、「ディグダグ」、「ドルアーガの塔」、「バトルシティ」、「スターラスター」、「バベルの塔」、「ワルキューレの冒険」、「スカイキッド」、「ドラゴンバスター」」、「妖怪道中記」、「源平討魔伝」、「ワンダーモモ」、「ワギャンランド」の17タイトル。

 コンテンツが提供可能なプラットホームや企画申請方法、ビジネスモデルなどの詳細は、決まり次第告知する予定。同社では「スマートフォンアプリやブラウザゲーム、新規ネットワークデバイス分野への事業展開のアイデアなど、デジタルコンテンツの領域で広く活用いただきたい」とコメント。UGC(User Generated Contents:ユーザ生成コンテツ)展開により、 ネットワークエンターテイメントのさらなる事業領域の拡大を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加