アマゾン、消費者向けクラウドストレージを強化--年60ドルで容量無制限、写真以外にも対応

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年03月27日 09時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonが消費者向けのクラウドストレージサービスを強化している。同社は米国時間3月26日、クラウドストレージサービス「Amazon Cloud Drive」に、写真以外のあらゆる種類のファイルを保存可能な、2種類のプランを設けた。

 「Unlimited Photos」プランは年間11.99ドルで、写真を無制限にアップロードできるほか、動画などの写真以外のファイル用に5Gバイトのストレージが提供される。「Unlimited Everything」は年間59.99ドルで、写真、動画、ファイル、ドキュメント、映画、音楽を好きなだけ保存できるプランだ。「Amazon Cloud Drive」アプリケーションを通して提供されるこれら2つのプランはどちらも、最初の3カ月間は無料で試用することができる。

 Amazonは既にUnlimited Photosを、「Fire」タブレットおよびスマートフォンの所有者、年会費99ドルの「Prime」会員を対象に提供している。

 Eコマース大手の同社は、企業向けクラウドサービスでは確固たる地位を築いている。このサービスを提供しているのは、Amazon Web Services部門だ。同部門は、保有するデータセンターのストレージや処理能力、その他のツールを、独自にサーバを持たない企業に貸し出している。Amazonは今回、そのデータセンターの莫大なコンピューティング能力やストレージ能力を利用して、消費者向けにさらなるサービスを提供しようとしているようだ。その動きによって同社は、消費者向けにクラウドサービスを提供するApple、Google、Dropbox、Microsoftなど多数の企業と、より直接的に競合することになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加