オフィスチェアが「指圧イス」に早変わり--ビーズが新製品を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビーズは3月26日、同社オフィス・インテリアブランド「Bauhutte」より、オフィスチェア「BH-81-F Knochen plus(クノッへンプラス)」を発表し、販売を開始した。税別価格は2万5000円。

 Knochen plusには、16個の「指圧的アタッチメント」が標準装備されている。アタッチメントはネジ式になっており、メッシュ状の背もたれの好きな位置に取り付けることができる。取り付けた状態で背もたれに寄りかかることで、指で押されているような感覚を味わうことができ、デスクワークや長時間の作業で集中力が切れた際に効果を発揮するという。

 背もたれの根元から折りたためる構造「シェル・フォールディング・システム」を採用し、コンパクトに折りたたんで机の下に収納することができる。アームレスト(肘掛け部)は跳ね上げ式。背もたれクッションの表面はポリエステルメッシュ素材、裏面はPU(ポリウレタン)素材を使用しており、オールシーズンに対応する。クッションを取り外して使用することもできる。リクライニングの可動角は15度。工具不要で組み立て可能だ。

 本体サイズは、幅680mm×奥行655mm×高さ935mm(ガスシリンダー可動域は935~1035mm)。背もたれ折りたたみ時の高さは650mm(650~750mm)で、座部の高さは420mm(420~520mm)。重さは17kg。耐荷重は100kg未満。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加