logo

新導体「PC-Triple C」で高音質に--サエク、イヤホン交換用ケーブル

加納恵 (編集部)2015年03月20日 12時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「SHC-120」シリーズ

 サエクコマースは3月20日、新導体「PC-Triple C」を採用したイヤホン交換用ケーブル「SHC-120」シリーズを発表した。超低歪率と高導電率を実現する。

 PC-Triple C導体は、信号の伝送を妨げる結晶粒界を減らし、結晶を長手方向に連続化させることにより、優れた導電性能を実現するというもの。広いダイナミックレンジと高いS/N比が得られる。

 MMCXプラグタイプの「SHC-120FS」とFitEarプラグタイプの「SHC-120FS」が用意され、ケーブルの長さは0.8mと1.2mの2サイズから選択が可能。MMCXタイプは3月25日、FitEarタイプは5月10日の発売になる。

  • SHC-120FS/0.8m(税別価格:1万1000円)
  • SHC-120FS/1.2m(税別価格:1万2700円)
  • SHC-120FF/0.8m(税別価格:1万5000円)
  • SHC-120FF/1.2m(税別価格:1万6700円)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集