logo

3Dプリンタで部品を作れる二足歩行ロボ「PLEN2」--クラウドファンディングで事前予約

藤井涼 (編集部)2015年03月06日 17時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プレンプロジェクトは3月6日、主要な部品を3Dプリンタで出力できるオープンソース小型二足歩行ロボット組み立てキット「PLEN2(プレン・ツー)」を開発したことを発表した。米国のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」と、国内のクラウドファンディングサイト「きびだんご」で事前予約を開始する。

 PLEN2の主要パーツの3Dデータは無償で公開されるため、ユーザーは3Dプリンタを使って、オリジナルのパーツを作れる。また、電子工作初心者でも自由に機能追加のためのプログラミングができるとしている。ロボット用ミドルウェア「ROS」に対応した制御ボードもラインアップしているため、上級技術者や研究者のための本格的なロボット開発にも使うことが可能だという。


「PLEN2(プレン・ツー)」

 国内外のクラウドファンディングサイトで事前予約を開始し、出荷は9月ごろを予定している。目標金額は、Kickstarterが4万ドル、きびだんごが100万円。標準型の組み立てキットの価格はKickstarterが899ドル、きびだんごが税別10万8000円。そのほか、コントロールボードのみ、主要パーツのみ(外装はユーザーで出力することを想定)、関連グッズなど10ドルから豊富なオプションを揃えるとしている。

 同社では、3月15~18日に米国で開催される音楽・映画・インタラクティブの祭典「サウス・バイ・サウスウェスト2015」のトレードショーにPLEN2のモックアップモデルとオリジナルPLENをデモ展示するとしている。


-PR-企画特集