ファーウェイ、「Android Wear」搭載の円形スマートウォッチ「Huawei Watch」を発表

Scott Stein Dan Graziano (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年03月02日 13時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Huawei Technologies(ファーウェイ)は、スペインのバルセロナで、Mobile World Congressの開幕を翌日に控えた現地時間3月1日、「Android Wear」を搭載した新たなプレミアムスマートウォッチ「Huawei Watch」を発表した。Huawei Watchは同社初のAndroid Wear搭載スマートウォッチで、傷つきにくいサファイアクリスタルのディスプレイを搭載する。Huawei Watchは、われわれが目にした中で最も外観が優れているものの1つで、本体はステンレススチール、バンドはステンレススチール(またはレザー)という仕様になっている。Huawei Watchは1. 4インチの円形ディスプレイを搭載し、解像度は400×400ピクセル(約286ppiに相当)だ。Qualcommの「Snapdragon」プロセッサ、512MバイトのRAM、4Gバイトの内蔵ストレージを備える。底面には心拍数センサが搭載されており、1日中連続してトラッキングできるようだ。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

 他のAndroid Wear搭載スマートウォッチと同様に、Huawei Watchもパーソナライズされた「Google Now」カードや、テキストメッセージ、電子メール、着信などの通知をスマートフォンから転送して表示できる。Huaweiはカスタマイズ可能な文字盤を40種類以上用意しており、従来の時計のデザインの中に月相や天気、通知を表示する文字盤などがある。

 Huawei Watchは心拍計を備えるほか、6軸モーションセンサと気圧計を利用して、歩数、距離、消費カロリーをトラッキングする。装用者のウォーキング、ランニング、サイクリング、ハイキング、睡眠を自動的に検出してトラッキングすることもできる。HuaweiはJawboneと提携して、ユーザーのデータをJawboneの健康管理アプリ「UP」と同期できるようにした。データは「Google Fit」アプリとも同期できる。

 Huawei Watchは、米国、英国、日本、オーストラリアなど20カ国以上で発売される予定だ。価格やリリース情報は発表されなかった。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加