ネットギア、「トライバンド」対応ギガビットルータを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットギアジャパンは2月24日、802.11a/b/g/n/acに対応したギガビットルータ「Nighthawk X6 R8000」を発表、4月下旬より販売する。価格はオープンで、想定市場価格は3万4980円。

 2つの5GHz帯と2.4GHz帯の「トライバンド」対応が特徴で、3つの周波数帯を同時に使用し、それぞれ最大1,300Mbps(802.11ac)、1,300Mbps(802.11ac)、600Mbps(802.11n)で転送を行える。

 端末(子機)の対応速度に合わせて自動的に最適な周波数帯を割り当てる「SmartConnectテクノロジー」、端末の位置に追従して電波の送信方向や出力を最適化する「Beamforming+(ビームフォーミングプラス)テクノロジー」を搭載する。

 インターフェースは、ギガビットイーサネットポート×5基(インターネットポート×1、LANポート×4)、USB3.0ポート×1基、USB2.0ポート×1基。WPS、WPA/WPA2-PSKに対応し、ペアレンタルコントロール、ゲストネットワーク機能も備える。本体サイズは幅295.5mm×高さ54.5mm×奥行226.8mmで、重量は1.1kg。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加