「ゆっくり音声機能」を搭載--ドウシシャ、ORIONブランドの32型LED液晶テレビを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドウシシャは2月24日、ORIONブランドの「32型 話速変換機能付カラー液晶テレビ DSX32-31S』を発表、2月下旬より発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は6万円(税抜)。

 会話の音声をデジタル変換して聞き取りやすくする「ゆっくり音声機能」が特徴。会話と会話の間に発生する無音部分を利用して会話部分を引き延ばすことで、テレビ画面と音声が大きくずれることなく、聞き取りやすい音声速度に設定できる。音声速度は「弱」「中」「強」の3段階。テレビの音声速度が早すぎて聞き取りにくかったり、語学番組を閲覧したりするときに、好きな音声速度に合わせて視聴することができるという。

 地上波デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルの3波対応。LEDバックライトのハイビジョンパネルを採用し、HDMIリンク、ブルーライトガード、USBハードディスク録画機能を搭載するほか、従来のリモコンと別に、普段よく使う機能のみに限定した「簡単リモコン」などが付属する。

 インターフェースは、入力側がHDMI×2、D4端子×1、アナログAV×1系統、LAN端子で、出力側がヘッドホン端子、ハードディスク接続用USB端子。本体サイズ(スタンド込)は、幅733mm×高さ471mm×奥行170mmで、質量は約5.1kg。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加