東芝、最大9ch全録できる「レグザサーバー」--地デジ、BS、CSを網羅

加納恵 (編集部)2015年02月19日 14時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「レグザサーバー DBR-M590」

 東芝ライフスタイルは、最大9ch、約15日間分まるごと録画ができる「タイムシフト」機能を備えた「レグザサーバー DBR-M590」(M590)を発表した。発売は2月27日。想定税別価格は20万円前後になる。

 M590は、地上、BS、110度CSデジタルチューナ9基と6TバイトのHDD、BDレコーダーを備えたレグザサーバーの最新モデル。内蔵HDD内にBS、CSを含む最大9ch分の“まる録り”ができ、外付けのUSB HDD2台を接続すれば、最大約27日分の録画に対応する。

  • 背面

  • miniB-CASカードを3枚挿入する

  • リモコン

 現行モデルから操作性を見直し、表示スピードやレスポンスを向上。過去番組表の表示速度を改善したほか、他のレグザサーバーや液晶テレビ「REGZA」と組み合わせることで、最大18チャンネル分の過去番組表を表示することが可能だ。

 ネットワーク経由でM590内の録画番組などをスマートフォンやタブレットから視聴できる「おでかけいつでも視聴」は、放送中の番組を見ることができるライブ放送にも対応。視聴するには有償の専用アプリ「DiXiM Digital TV for iOS」(税込価格:500円)、「DiXiM Play for REGZA」(同:1300円)が必要になるが、dynabook/dynabook Tab用の「TVコネクトスイート」は無償で提供する。

 タイムシフト録画用のHDD容量は可変で、通常録画用のスペースに予約録画も可能。キーワードを設定することで番組を自動で録画する「おまかせ自動録画」は、放送時間の上限下限が設定できるほか、時間帯指定ができるなど、設定項目を追加、改善したことで、番組のヒット率が向上した。録画済み番組は、自動または任意でフォルダ分けが可能。本編だけを再生できる「おまかせプレイ」も備える。

 サイズは高さ80mm×幅430mm×奥行335mmで、重量約6.4kg。ブルーレイ3Dの再生ができるほか、新コンテンツ保護技術「SeeQValut」に対応する。

  • 通常番組表

  • 過去番組表

  • おまかせ自動録画設定

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加