logo

Twitter、「TweetDeck Teams」を発表--パスワード共有せずともグループアカウントの使用が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間2月17日、グループで使用しているTwitterアカウントにパスワードを共有しなくてもアクセスできるようにする「TweetDeck Teams」を発表した。TweetDeck Teamsは、ウェブ、「Chrome」、そしてWindows版のTweetDeckで利用できる。

 TweetDeck Teamsでは、Twitterアカウントにアクセスできる人を好きなだけ指定できる一方で、いつでも削除することも可能だ。TweetDeck Teamsを使用するには、TweetDeckにTwitterアカウントでログインする必要がある。

 TweetDeck Teamsのユーザーは「Admin(管理者)」と「Contributor(投稿者)」の2種類に分けられる。Adminは、ツイートの投稿、リストの作成、アカウントのフォローやフォロー停止、ツイートの予約に加えて、チームメンバーの追加や削除、そして、チームの閲覧が可能だ。共有アカウントへのアクセスにはTweetDeckを使う必要がある。

 Contributorは、Adminと異なり、チームメンバーの追加や削除、そして、チームの閲覧はできない。共有アカウントへのアクセスにはTweetDeckを使う必要がある。

-PR-企画特集