logo

Beats by Dr. Dre、「Pill」にBarry McGeeとのコラボスピーカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Beats by Dr. Dreは2月12日、サンフランシスコのアーティストBarry McGee(バリー・マッギー)とコラボレーションしたBluetoothスピーカ「Beats by Dr. Dre x Barry McGee 2.0 Pill Speaker」を発表した。2月13日より、Apple StoreとApple Online Store限定で発売する。税別価格は2万600円。本体カラーはレッドで、特別仕様のキャリーケースが付属する。

 Beats by Dr. Dreでは、2014年12月に、アートフェア「アート・バーゼル・マイアミビーチ」で、ネオンオレンジのPillを発表。2回目となる今回、Barry McGeeの新たなシグネチャーモデルとして、Barry McGeeとコラボレーションしたレッドのPillが登場する。

 Pillは、高さ4.5cm×幅19cm、重量310gというコンパクトサイズながら、パワフルなサウンドが特徴。2台を2回タップして、よりパワフルなステレオサウンドの再生も可能だ。約10m離れたBluetooth機器からも操作が可能で、2台をタップして同期すれば、2台のPillで同じ楽曲の再生が可能。連続7時間再生可能なバッテリは、モバイルバッテリとしても使用できる。


「Beats by Dr. Dre x Barry McGee 2.0 Pill Speaker」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集