logo

NFCで写真を転送、TVに表示も--キヤノン、写真ストレージ「Connect Station CS100」

坂本純子 (編集部)2015年02月06日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは2月6日、写真や動画をかざして転送できるNFCに対応したストレージ「Connect Station CS100」を発表した。容量は1Tバイトで、キヤノンオンラインショップ価格は3万9800円(税別)で、6月に発売予定だ。

「Connect Station CS100」
「Connect Station CS100」

 テレビとHDMIケーブルで接続すれば、取り込んだ写真や映像を大画面で見られるのも特長の一つだ。

 対応カメラでConnect Station CS100にタッチすると、HDDに保存できる。SDカード/CFカードまたは、2010年以降に発売されたキヤノン製のカメラからUSBケーブルを経由して取り込める。

 NFCの対応機種は、同日発表されているキヤノンのレンズ交換式カメラ「EOS 8000D」「EOS Kiss X8i」「EOS M3」、コンパクトカメラ4機種、およびビデオカメラ1機種の全8機種だ。

 静止画は約15万枚、動画は約70時間を保存できる。CS100に保存されていない画像だけを差分で取り込める。CS100どうしをネットで接続でき、CANON iMAGE GATEWAYのオンラインアルバムの「イメージシェア機能」を介して、思い出を共有することもできる。

 なお、このほか同日はエントリークラスの一眼レフカメラとして、「EOS Kiss X7i」の後継モデル「Kiss X8i」と、プレミアムエントリーモデル「8000D」が発表された。ミドルクラスの一眼レフカメラは、約50.6Mのフルサイズモデル「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」が登場した。このほか、ミラーレスカメラ「EOS M3」、コンパクトカメラ、ファミリー向けビデオカメラ「iVIS」もラインアップする。

一眼レフEOSに新エントリーモデルも--キヤノン、2420万画素「Kiss X8i」「8000D」
キヤノン、約50.6Mのフルサイズカメラ「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」--ローパスレスも
キヤノン、ミラーレスカメラ「EOS M3」--AFは約3.8倍高速化、外付けEVFにも対応
キヤノン、光学50倍ズームから自撮りもできる「N2」まで、コンパクトカメラ全8機種
キヤノン、ファミリー向けビデオカメラ「iVIS」--Slow&Fast モーション撮影も
NFCで写真を転送、TVに表示も--キヤノン、写真ストレージ「Connect Station CS100」
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集