オープンプラットフォームをカメラにも--オリンパス、新カメラ「OLYMPUS AIR A01」

坂本純子 (編集部)2015年02月06日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスイメージングは2月5日、スマートフォンと連携して楽しむカメラ「OLYMPUS AIR A01」を発表した。オンラインショップ限定で、3月6日に発売する。

 価格はボディ単体「OLYMPUS AIR A01ボディー」(ホワイト/ブラック)が3万3800円(税別)、レンズキット「OLYMPUS AIR A01 14-42mm EZレンズキット」が4万9800円。

「OLYMPUS AIR A01」。カラーは2種類
「OLYMPUS AIR A01」。カラーは2種類
スマートフォンと連携して楽しむ
スマートフォンと連携して楽しむ

 商品コンセプトは、「アプリが広げる写真表現」。ディスプレイを搭載せず、スマートフォンをコントローラとして使用するスタイルだ。レンズはマイクロ フォーサーズ規格準拠が使用でき、広角、望遠、マクロなど好みに合わせて使用する。本体重量は147gで、サイズは高さ57.1mm×幅56.9mm×奥行き43.6mm。内蔵式のバッテリを搭載し、Wi-Fi接続なしで約320枚、つなぐと200枚ぐらいの撮影が可能という。バッテリは、microUSBケーブル経由で充電できる。

このアタッチメントにスマートフォンを挟み込む。iPhone 6相当なら「SMALL」、iPhone 6 Plusなら「LARGE」を選ぶと、幅が調節できるようになっている
このアタッチメントにスマートフォンを挟み込む。iPhone 6相当なら「SMALL」、iPhone 6 Plusなら「LARGE」を選ぶと、幅が調節できるようになっている

 イメージセンサと画像処理エンジンには、「OM-D」「PEN」最新モデルと同等の階調再現と暗いシーンの高感度 撮影に強い「1605万画素 Live MOSセンサー」と、画像処理エンジン「TruePicVII」を搭載。小さいながらも一眼カメラの高画質が得られるのも特長の一つだ。

さまざまなサイズのスマートフォンに対応できる
さまざまなサイズのスマートフォンに対応できる

 アプリは、1回の撮影で6パターンの写真が楽しめる「OA.Genius」、14種類のアートフィルタが使える「OA.ArtFilter」など8種類があり、iOS/Android版がそれぞれ用意されている。なお、本体にはスマートフォンを固定できるアダプタが搭載されており、スマートフォンのサイズに合わせて可変できる。

 OLUMPUS AIRとスマートフォンは、BluetoohとWi-Fiで通信を行う。一度設定を行なえば、アプリを起動するだけでOLYMPUS AIRが自動起動し、撮影体制に入る。アプリ連携機能を使って「OA.Central」が各アプリの接続確立を行うため、難しい接続設定を行なう必要はない。カバンの中に入れたまま、アプリ「OA.Viewer」を起動させ、写真の閲覧や編集も可能だ。

  • OLYMPUS AIRのポジショニング

  • 製品の特長

  • アプリの種類

  • 合計8アプリがラインアップする

  • 転がして撮影するなど、これまでの常識にとらわれない新たな作品も生まれる

  • micro SDカードスロットと、充電ポート

オリンパスの技術をオープンに--SDKや3Dデータの公開で新たな価値の創造を

オープンプラットフォームによって、このような作品も生まれる。製品化は未定とのこと
オープンプラットフォームによって、このような作品も生まれる。製品化は未定とのこと

 今回のカメラには、もうひとつ大きな特長がある。「オープンプラットフォーム」の考え方を適用し、OLUMPUS AIRのプロトタイプやプロトタイプ用SDK(アプリ開発キット)、3Dデータといったオリンパス技術の一部を一般に公開している。

 新たな写真体験を開拓するプロジェクト「OPC Hack & Make Project」を発足し、ロフトワークと組んで1年以上をかけ、デベロッパーやクリエーターと共に新しい映像、写真体験の探索活動を行ってきた。

ジョセフ・ティム氏は、開発のきっかけについて「イギリスにはプリクラがない。日本に来たときに感動した」と語った
ジョセフ・ティム氏は、開発のきっかけについて「イギリスにはプリクラがない。日本に来たときに感動した」と語った

 発表会では、「パイロットプロジェクト」で活躍するクリエーターが登壇。セオ商事 エンジニア/クリエイティブディレクターの瀬尾浩二郎氏は、旅先での記念写真をおもしろくする「スパイカメラ」を紹介した。あらかじめ周りにOLUMPUS AIRが設置されていることを前提としたもので、スマートフォン等からサイトにアクセスすることで写真が撮影できる。

 また、イギリス出身のランニング・アーティスト、ジョセフ・ティム氏は、街中でもプリクラが撮れる「ウェアラブルモバイル・プリクラ・スタジオ」、皆川めぐみさんは、OLUMPUS AIRを使った屋内向けのレールカメラ「movement」を披露した。

  • OPC Hack & Make Projectの概念

  • オープンプラットフォームカメラのプロトタイプ

  • Spy Cameraの概要

  • Spy Cameraの画面構成

  • 3Dプリンタを使って、このようにどこにもカメラを取り付けられるパネルも作成できる

  • 屋内向けのレールカメラ「movement」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加