ネット家電の対策も--ニフティ、IoT時代に向け「常時安全セキュリティ24プラス」

坂本純子 (編集部)2015年02月04日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは2月3日、同社のネットワークサービス「スマートサーブ」の機能を活用したセキュリティサービス「常時安全セキュリティ24プラス」を開始したと発表した。

 常時安全セキュリティ24プラスは、PC、スマートフォン、タブレット端末、スマート家電などをウイルスやフィッシングサイトといったインターネットの脅威から保護するセキュリティサービスだ。

「常時安全セキュリティ24プラス」の利用イメージ
「常時安全セキュリティ24プラス」の利用イメージ

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)化の流れから、インターネット通信を行う家電やゲーム機などが普及し、従来のセキュリティソフトだけでは保護できない機器にもインターネットの脅威が及ぶ可能性がある。

 今回の常時安全セキュリティ24プラスでは、ネットワーク専用機器(サービスアダプタ)を宅内のLANに接続すると、サービスアダプタの配下に接続された機器を保護する機能(スマートサーブセキュリティ機能)と、クライアントソフトのインストールで機器を保護する機能(クライアントソフトによる保護機能)が利用できる。

サービスアダプタ
サービスアダプタ

 クライアントソフトでの保護に加え、ソフトウェアの設定なしで利用できるセキュリティ機能を備えているため、これまでクライアントソフトをインストールできなかったスマート家電やゲーム機などの通信も保護できるとしている。

 なお、2月25日から「@niftyセキュリティセンター」にて「安全評価機能」を開始する。これはサービスアダプタの配下に接続された機器が、詐欺サイトやフィッシングサイトなどの悪質なサイトに接続されることを防ぐ機能だ。@niftyセキュリティセンターでのウイルススキャンと安全評価機能にはシマンテックのウイルススキャンエンジン「Symantec Protection Engine」と、悪質な活動の発生源、新種の脅威などに関する情報を提供する情報サービス「DeepSight Datafeed」を活用する。

 また、クライアントソフトによる保護機能は、カスペルスキーのセキュリティ技術を活用する。インターネットに蔓延するウイルスなどの感染からPC、スマートフォン、タブレット端末を保護するだけでなく、インターネットバンキングやオンラインショッピングの情報を狙うウイルスや情報漏えいを防ぐほか、宅外での利用が多いモバイル端末などにも利用できる。

 料金は、スマートサーブをまだ利用していないユーザーは、初期費用が5000円(税別)、月額料金は500円。すでにスマートサーブの利用者は、初期費用は無料、月額料金は200円。なお、初期費用が無料になるキャンペーン3月31日まで実施する。申し込みはウェブサイトから行える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加