リクルートやGMO、ビットコイン取引所「bitFlyer」に出資--総額1億3000万円

藤井涼 (編集部)2015年01月28日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想通貨「ビットコイン」の総合プラットフォームを運営するbitFlyerは、1月27日に総額1億3000万円の資金を調達したことを発表した。同社はビットコイン取引所や、ポイントとビットコインの交換ができるサービスなどを展開している。


「bitFlyer」

 第三者割当増資の引受先は、リクルートホールディングスの投資ファンドであるRSPファンド5号、GMOインターネットグループのベンチャーキャピタルであるGMO VenturePartners、米ニューヨークに拠点をおくBitcoin Opportunity。

 今回の資金調達は、国内外でのビットコイン関連事業を強化するため、海外拠点の整備や人材採用、サービス開発の加速、プロモーションなどを実施することを目的に行ったとしている。また、各引受先との協業により、顧客基盤の拡大や収益基盤の強化、グローバルビジネス展開を促進するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加