logo

パイオニア、ハイレゾ対応のモニターヘッドホン--新開発「HDドライバー」採用

加納恵 (編集部)2015年01月22日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「HRM-7」

 パイオニアは1月21日、音源を正確にモニタリングするスタジオモニタヘッドホン「HRM-7」を発表した。新開発の「HDドライバー」を採用し、ハイレゾ音源再生に対応する。発売は2月中旬。想定税別価格は2万円前後になる。

 40mmの新開発HDドライバーはCCAW(銅被覆アルミニウム線)ボイスコイルを搭載し、5Hzから40kHzまでのワイドレンジ再生を実現。オーバーイヤータイプのハウジングは、内部に2つのチャンバー(空気室)を搭載し、低域のレスポンスの向上と遮音性を実現したとしている。剛性の高いアルミプレートによる「3層プレート制振構造」は、不要共振を減らし、クリアな中低域を再生する。

 イヤーパッドは低反発と高反発のクッションを組み合わせたハイブリッドクッションにより、長時間のモニタリングでも快適な装着性を確保できるとのこと。加えて角度を調整したことで、高い密着性とフィット感を実現する。

 ケーブルは着脱可能で、1.2mのカールコードと3mのストレートコードの2本を付属。交換用のイヤーパッドも付属する。重量は約330g。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集