ドスパラ、ステレオペア動画などを立体的に鑑賞できるスマホ用ヘッドマウント型レンズ

佐藤和也 (編集部)2015年01月21日 17時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドスパラは1月21日、ステレオペアで作成した画像や動画を立体的に鑑賞可能にするヘッドマウント型のレンズ「DN-12690」の販売を開始した。価格は税込で1599円。上海問屋で取り扱っている。

  • ヘッドマウント型のレンズ「DN-12690」

 これはステレオペアで作られた画像や動画などを、平行法を用いて3D立体視で観賞することができるヘッドマウント型レンズ。ふたを開けると両目のレンズとフタの部分にスマートフォンを取り付ける吸盤があり、そこに貼り付けたスマートフォンをディスプレイとして使用する。ヘッドマウントディスプレイのようにして観賞できるため、高い没入感が得られるとしている。

 装着可能なスマートフォンサイズは3.5インチから5.6インチの液晶。本体サイズが縦15cm×横8cmのサイズまで。同社では確認機種としてiPhone 6は装着可能だが、iPhone 6 Plusは装着不可としている。

 ケース部スリットから充電ケーブルやイヤホンなどを接続したままの動画再生も可能。スマートフォンの端子の位置によっては対応できない場合もある。また、レンズの幅(間隔)も調節可能となっている。

  • 装着イメージ

  • DN-12690の内部でスマホを貼り付けたところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加