Cerevo、タブレットで操作可能なライブ配信対応HDスイッチャー「LiveWedge」を発売

佐藤和也 (編集部)2015年01月21日 15時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cerevoは1月21日、タブレットから操作できるライブ配信機能を搭載したスイッチャー「LiveWedge」(ライブウェッジ)を発売することを発表した。直販サイト「Cerevo Store」での価格は税別で9万5237円。同日より予約受付を開始し、1月27日以降、先行予約したユーザーから順に発送する予定。

 LiveWedgeは、4系統のHDMI入力を備えたビデオスイッチャー。4系統すべてにスケーラーを搭載しているため、異なる解像度の映像間でスイッチングやミキシングを行なうことが可能。映像入出力の解像度は最大1080/60p。音声はHDMIに加え、AUX-IN端子経由の外部アナログ入力を加えた5系統のミキシングに対応。LiveWedge本体のみで4系統の映像と5系統の音声を操ることができるのが特徴としている。本体サイズは幅270mm×奥行き155mm×厚さ41mm。重さは約1.1kg。

  • LiveWedge

  • 背面

 LiveWedgeをワイヤレスで操作できるiPadアプリも無料で配信。HDMIの映像入力をタブレットに表示するタブレット・プレビュー機能を搭載しているため、4入力それぞれの映像をタブレットで確認しながら映像のスイッチング、音声のミキシングが可能。無線LANは、5GHz帯と2.4GHz帯の両方に対応しているため、2.4GHz帯が混雑するような環境でも安定した操作ができるとしている。

 タブレットからの操作はカット、ミックス、ワイプといったトランジションに加え、2つの映像入力を1つの画面に表示するピクチャー・イン・ピクチャー、クロマキーによる映像透過や合成機能も搭載。カットやミックス、ワイプなどの操作はタブレットを使わず本体のみで行なうこともできる。

  • タブレット画面イメージ

 同社のライブ配信専用機器であるLiveShell PRO相当のライブ配信機能を内蔵しているため、720/30pのHDライブ配信と映像のスイッチングが1台でできる。ライブ配信はUstreamやニコニコ生放送、YouTube Liveといったサービスや、自ら設置したサーバーへの配信も可能。

 外部メディアとしてSDカードスロットを搭載。SDカードに保存した画像素材を映像素材として組み込むことができるほか、後日予定しているアップデートにより、SDカード上に保存されている動画や音素材の取り込み、プログラムアウト映像のSDカードへの録画が可能となる予定としている。ただし、タブレット・プレビュー、ライブ配信、後日対応の録画機能は排他で、同時に利用できるのは1つの機能のみとなっている。HDMIプレビューは排他制限の対象外のため、ライブ配信または録画中であっても利用できるという。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加