カプコン、ハイエンド機版「バイオハザード HDリマスター」の配信を開始

佐藤和也 (編集部)2015年01月20日 17時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カプコンは1月20日、PS4/Xbox One/PC(Windows)といったハイエンド機向けにゲームソフト「バイオハザード HDリマスター」の配信を開始した。

 本作はサバイバルホラーゲームのバイオハザードシリーズ第1作目である「バイオハザード」のHDリマスター版。出力解像度は1080Pに対応し、鮮明な高解像度で楽しむことができるという。なおPC版の解像度は解像度は1280×720、1920×1080のほか、最大2560×1600まで対応している。

 同社では発売を記念し、自身の写真を取り込んでゾンビへの変身することができる「ゾンビ ジェネレーター」を公式サイトに用意した。加工した写真はTwitterやFacebookなどのSNSにワンステップで投稿することが可能。一度このジェネレーターを使用すると、他キャラクターに変身できるスペシャルフレームが使用可能になるという。

  • スクリーンショット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加