JINSとオムロン、メガネ型デバイス「JINS MEME」をヘルスケア活用へ

藤井涼 (編集部)2015年01月07日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジェイアイエヌとオムロンヘルスケアは1月7日、メガネ型デバイス「JINS MEME(ジンズ ミーム)」をヘルスケア分野で活用するための拡張型デバイスの共同開発を進めることを発表した。2016年春の商品化を目指すとしている。

 JINS MEMEは、使用者の疲労や眠気を“見える化”するメガネ型の端末。独自開発した「三点式眼電位センサー」と「六軸(加速度・角速度)センサー」が取得した8方向の視線移動やまばたきといった動きを独自のアルゴリズムで解析し、スマートフォンを目で操作したり、端末と連携してユーザーの状態を可視化したりできるという。2015年秋に発売予定。

 JINS MEMEのテンプルエンド部分には、他の機器と接続可能な拡張インターフェースを備えている。両社が開発中の拡張型デバイスでは、オムロンヘルスケアの生体計測・解析技術をJINS MEMEに応用できるようにするとしている。将来的にはサードパーティによる開発も含め、さまざまな周辺機器との連携も検討するという。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加