logo

MS、Androidタブレット用Officeのプレビューを拡大

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年01月07日 10時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間1月6日、Microsoftは「Android」タブレット用「Office」のプレビュー版を入手しやすくしたと発表した

 Microsoftは2014年11月にAndroidタブレット用Officeのプレビュー版提供を開始しており、招待に申し込みをしたユーザーに順次テスト版へのアクセスを提供していた。

 今回から、Android 4.4または5.0を搭載した7インチから10.1インチまでのAndroidタブレットユーザーは、ただちに「Word」「Excel」「PowerPoint」の各アプリにアクセスできるようになる。

 Microsoftは2014年に、Androidタブレット用Officeを2015年の早い時期に一般に公開するとしていた。

 一般ユーザー向けの基本的機能を備えたAndroidタブレット用Officeは、無料で提供される。iPad用Officeと同じく、ビジネス向けの機能を持つバージョンを利用するには、Office 365の契約が必要となる。これは、iPad用Officeの場合と同じだ。契約がなくても文書の閲覧、作成、編集はできるが、より進んだ機能を利用したり、OneDriveストレージを無制限に利用するにはOffice 365ユーザーになる必要がある。

 Androidタブレット用Officeには、Word、Excel、PowerPointが含まれる。Androidタブレット用「OneNote」は、すでにGoogleのPlayストアで無料でダウンロード可能となっている。

 Microsoftはまた、iOS用と同じように、Androidスマートフォン用の「Office Mobile」を作り直し、Androidタブレット用Officeに近いものにする予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集