logo

グランゼーラ、「絶体絶命都市」シリーズの版権を取得--旧作配信や「4」を準備中

佐藤和也 (編集部)2014年12月24日 13時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グランゼーラは12月24日、アイレムソフトウェアエンジニアリングが保有していたゲーム「絶体絶命都市」シリーズの版権を取得したことを発表した。

  • 「絶体絶命都市」

 絶体絶命都市は災害をテーマにしたアクションアドベンチャーシリーズとして知られている。今回、新規タイトルを含むシリーズタイトルに関する全世界での販売権、知的財産権をグランゼーラが取得。現在のところ旧作タイトルである「絶体絶命都市」(PS2:ゲームアーカイブス)、「絶体絶命都市2 -凍てついた記憶たち-」(PS2:ゲームアーカイブス)、「絶体絶命都市3-壊れゆく街と彼女の歌-」(PSPダウンロード版)のダウンロード配信について、準備ならびに検証を進めているという。

 また絶体絶命都市シリーズの新作および関連タイトルに関しては、発表できる段階になり次第告知するとし、「絶体絶命都市4 -Summer Memories-」については、2015年秋ごろの告知を予定しているという。今後についても絶体絶命都市シリーズを継続的な提供、シリーズをより発展させ存在価値のあるコンテンツとして提供することに努めるとし、シリーズ展開の意向を示している。

-PR-企画特集