logo

サムスン「Gear S」レビュー(後編)--3G対応、「Tizen」搭載スマートウォッチ - (page 2)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年12月26日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウォーキングやランニング、ハイキング、サイクリングのセッションを記録することも可能で、心拍数と移動距離を計測でき、Gear Sかスマートフォンで信号さえ受信できれば、GPSを利用して経路をマップ上に表示させることもできる。グラフやログはGear S上に保存される。このフィットネスアプリのセットは、従来のGearシリーズで利用できたものよりも見た目が改善されている。

 しかし、背面に搭載されている光学式心拍センサは、従来のGearシリーズの製品よりはましなものの、依然として正確さの面ではいまひとつだ。試しに張り切って歩いてみたところ、記録された心拍数は、毎秒171回とあり得ないほど高かった。

 Gear Sで動作するフィットネスアプリはほかにもある。質がよく、もっとも刺激的なのはNike+だ。見た目もよく、すっきりした、エネルギッシュなインターフェースを持ち、Nike+とFuelのエコシステムに接続できる。これは、サムスンやGear Sにとって理想の組み合わせだ。ランニングの開始と終了を指定でき、走っている間に再生する音楽のリモコンとして使え、携帯電話会社のサービスを利用していればGPSを使って経路を記録することも可能で、目標達成度の情報も同期できる。まだ十分とは言えないが、これらのような有名なフィットネスアプリがもういくつかあれば、Gear Sの価値は跳ね上がるだろう。


ペアリングした「Moto Hint」ヘッドセットを使って通話中。こういうこともできる。
提供:Sarah Tew/CNET

価格:スマートウォッチに月額費用を払えるか?

 Gear Sはそれ自体がスマートフォンであるため、通信契約つきで購入することもできる。その場合、モバイル通信共有料金プランを利用することになり、一般に米国での最低利用期間は2年間だ。米国で、AT&Tでは契約なしで299ドル、2年契約付きで199ドル、Verizonでは契約なしで399.99ドル、2年契約付きで349.99ドルとなっている。Gear Sの真のコストは、何に使うかによって大きく変わってくる。


提供:Sarah Tew/CNET

バッテリ

 Gear Sに搭載されている300mAhのバッテリは、スマートフォンとして使用した場合、すぐになくなってしまう。テストでは、あまり過酷な使い方はしていないにも関わらず、約1日しか持たなかった。3G接続をオフにすれば、バッテリの持続時間は長くなり、2日間は使うことができた。これは、ほかのAndroid Wearデバイスや、サムスンのGearシリーズのスマートウォッチよりも、ややましだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]