logo

マランツ、Dolby Atmos対応フラグシップAVプリアンプ--最大11.2chの同時出力対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マランツは12月18日、Dolby Atmos対応フラグシップAVプリアンプ「AV8802」を発表した。2015年2月に発売する。税別価格は45万円。

  • 「AV8802」

 AV8802は、11.2ch独立基板の電流帰還型プリアンプを採用した。HDAM-SAにより送り出しアンプをフルディスクリート化することで、スルーレートが「AV8801」の約16倍に向上。プレミアムHi-Fiコンポーネントに匹敵する情報量と低歪を実現した。

 最大11.2chの同時出力に対応し、プリアウトはXLR、RCAとも13.2chを備える。システムの構成や音源フォーマット、サウンドモードに合わせて、フレキシブルなスピーカ設定が可能だ。

 ネットワークオーディオ機能は、Wi-Fi、Bluetoothに対応。フロントパネルには、USBメモリからの音楽再生と、iPad/iPhone接続に対応するUSB-A端子を備える。ALAC、FLAC、WAVファイルの再生に加え、新たにDSD、AIFFファイル再生に対応した。専用アプリをインストールしたタブレットやスマートフォンで、本機の電源オン、オフ、ボリューム操作などが可能だ。

 サイズは高さ185mm×幅440mm×奥行き389mm、重量は13.6kg。HDMI入力は、フロント1系統、リア7系統を備え、出力は同時出力可能なモニター出力を2系統、マルチゾーン出力1系統を備える。2015年初夏に、基板交換で「HDCP2.2」に対応する無償アップグレードを実施する予定だ。

  • フロントパネルふた内部

  • リアパネル

  • 内部構造

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集