U-NEXTが東証マザーズに上場--映像配信、MVNOサービスともに追い風

加納恵 (編集部)2014年12月16日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映像配信サービスやMVNOサービスなどを手がけるU-NEXTは12月16日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場した。初値は3950円となり、公開価格の3000円を上回った。

  • U-NEXT代表取締役社長の宇野康秀氏

 U-NEXTは、2010年にUSENからの会社分割としてスタート。代表取締役社長はUSENの取締役会長でもある宇野康秀氏が務める。

 映像配信サービス「U-NEXT」を展開するとともに、2013年にはMVNOによるサービス「U-mobile」の提供を開始。現在はコンテンツプラットフォーム事業とコミュニケーションネットワーク事業を手がける。

 2013年3月には単月黒字化を達成。以降は月次黒字幅を伸ばし続け、2013年12月には売上高178億9700万円、営業利益6億7200万円となり、3年続いた赤字事業の黒字転換に成功した。

 上場については「コンテンツプラットフォーム事業、コミュニケーションネットワーク事業ともに、サービスの概念がようやく理解され、追い風が吹いている状態。社会的な信用を高め、資金を事業育成に投資したい」(宇野氏)と理由を話した。

 インテリジェンス、USENと宇野氏にとっては3度目の上場となることについては「前回はバブルの時代感が残っていたが、今回は浮ついた感も厳しすぎることもなく、正しい評価を得て、適正価格で資金調達ができたと感じている。健全なちょうどいい環境になっている」と感想を述べた。

 U-NEXTでは、主な資金調達使途として専用セットトップボックス(STB)やスマートフォンなどの機器調達、映像サービス、MVNOサービスのインフラ拡充、アウトバウンドコールセンターの拡充、コンテンツホルダーへのロイヤリティ支払い変更などを挙げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加