logo

クリプトン、VOCALOID4対応「巡音ルカ V4X」を2月下旬に発売へ

佐藤和也 (編集部)2014年11月21日 12時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クリプトン・フューチャー・メディアは11月21日、ヤマハ歌声合成エンジン「VOCALOID4」に対応し新機能を追加した「巡音ルカ V4X」を2015年2月下旬に発売することを発表した。WindowsとMacintoshのハイブリッド仕様。価格はパッケージ版とダウンロード版ともに、同社のウェブ販売で税込1万7280円。

  • 巡音ルカ

 歌声データベースは声優の浅川悠さんの声をもとにし、巡音ルカ V4Xでは表現力を向上させるための機能を盛り込んだ日本語と英語のデータベースを2種類ずつ収録。VOCALOID4の新機能である、うなり声を表現するグロウルや歌声ライブラリ間で自由に音色をコントロールすることが出来るクロスシンセシス機能に対応。さらに日本後ではクリプトンが新たに設計した「E.V.E.C.」(イーベック)機能により、曲中で音符ごとに声の表情が変更可能となっている。

 E.V.E.C.などの歌唱機能とピッチグラフィック機能に対応したボーカルエディタ「Piapro Studio」や、200種類以上の楽器を収録したDAWソフト「Studio One Artist Piapro Edition」を同梱。これ一本で音楽制作環境が整うとしている。

-PR-企画特集