「Tor」匿名ネットワークを悪用した闇サイト、米国と欧州で多数摘発

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2014年11月10日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦当局と欧州16カ国の捜査当局は米国時間11月7日、400以上の闇サイトを閉鎖したと発表した。これら闇サイトの運営者らは専用の匿名化ソフトウェアを利用していたが、当局は記録を明らかにしたという。捜査当局は、「Tor」ユーザーを特定することで逮捕につなげたとしている。Torは、インターネット上の行動を暗号化し、隠すための無料ソフトウェアだ。捜査当局は、このソフトウェアを利用していたサイト運営者らを特定したと発表したが、インターネットセキュリティの専門家はThe Wall Street Journalの取材に対し、捜査当局が実際にTorの複雑な暗号を解読した可能性は低いと述べた。


 米連邦捜査局(FBI)によると、いわゆる「闇市場」であるこれらのウェブサイトは、禁止薬物、銃器、盗まれたクレジットカードのデータ、偽造通貨などの違法な物品を販売していたという。当局はまた、17人を逮捕し、コンピュータのハードウェアや暗号通貨のBitcoin100万ドル相当、現金20万ドル以上、麻薬、金銀を押収した。

 FBIと欧州当局による発表の前日には、米連邦当局が、闇サイト「Silk Road 2.0」を運営および所有していた疑いでBlake Benthall容疑者(26歳)を逮捕したと発表していた。Silk Road 2.0は、1年以上前に閉鎖された元の「Silk Road」サイトとよく似ている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加