サイバー、エイベックスと共同で「定額制音楽サービス」会社設立へ

井指啓吾 (編集部)2014年11月06日 17時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは11月6日、エイベックス・グループ・ホールディングス(AGHD)と資本業務提携し、定額制音楽ストリーミングサービスを提供する新会社を11月下旬に設立することを発表した。商号は未定。

 新会社は、AGHDの100%子会社であるエイベックス・デジタルとサイバーエージェントの共同出資で設立する。今後、サイバーエージェントは新サービスに関わるアプリの開発や運営、エイベックス・グループは配信楽曲数の増加で協力をするという。

 新会社の資本金は10億円。代表取締役会長にAGHD代表取締役社長CEOの松浦勝人氏、代表取締役社長にサイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏が就任する。株主構成は未定だが、両者の持分法適用会社になる予定という。

 資本提携は、サイバーエージェントがAGHDの株式を取得することで合意した。取得の方法・株数は未定で、AGHDの新株発行は予定していないという。

 サイバーエージェントはインターネット動画事業も強化しており、11月4日にはライブ動画配信サービス事業の「株式会社タクスタ」と、動画キュレーションサービス事業の「株式会社Sanrenp(サンレンプ)」の2社を設立している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加