logo
スマートマシン時代の到来

ロボットビジネスの覇権と可能性--注目されるロボットOS競争 - (page 4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロボットOSが市場成長を牽引する

 PCやスマートフォンの普及に伴いOS争いが激化したように、ロボットの普及により、ロボットOSの覇権争いが進んでいくと予想される。

 シリコンバレーでは、米Willow Garageが開発し、「Open Source Robotics Foundationが」が維持管理し、オープンソースの「ROS(Robot Operating System)」が提供されている。川田工業の人型ロボット「NEXTAGE OPEN」などは、このROSに対応している。

 国内のロボットOSでは、産業技術総合研究所などが開発した「OpenRTM」、日本ロボット工業会が提唱しORiN協議会が維持管理する「ORiN(Open Robot/Resource interface for the Network)」などがある。また、ソフトバンク100%子会社のアスラテックは6月に「V-Sido OS」発表している。

 そして、注目されるのが、Googleが開発中とうわさされるロボットOS“Android-R”の存在だ。Googleがスマートフォン分野で「Android」のシェアを大きく伸ばしたように、「Android-R」上で多種多様なアプリが世界中で開発され、世界中のロボットとつながるようになれば、ロボット分野においてもGoogleの影響力は、巨大なものとなる可能性がある。

 ロボットOSを通じて制御機能やAIを動作させ、ロボットのハードウェアと連携させることで、ロボットの大きさや構造が異なるさまざまなタイプのロボットへも展開が可能となる。つまり、ロボットOSの勝者が、ロボットOSを中心としたさまざまなモノまでがつながるエコシステムを形成し、次世代のロボット市場をリードすることになるだろう。

林 雅之
国際大学GLOCOM客員研究員(NTTコミュニケーションズ勤務)。NTTコミュニケーションズで、事業計画、外資系企業や公共機関の営業、市場開 発などの業務を担当。政府のクラウドおよび情報通信政策関連案件の担当を経て、2011年6月よりクラウドサービスの開発企画、マーケティング、広報・宣伝に従事。一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA) アドバイザー。著書多数。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]