JVC、USB接続でハイレゾ再生もできるCDポータブルシステム--Bluetooth対応も

加納恵 (編集部)2014年10月29日 17時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「RD-W1」

 JVCケンウッドは10月29日、JVCブランドからCDポータブルシステム「RD-W1」を発表した。Bluetoothスピーカとしても使用できる。発売は11月上旬。想定税別価格は2万3000円前後になる。

 高さ145mm×幅380mm×奥行き191mmで、重量約3.1kgの一体型で、CDプレーヤー、アンプ、FM/AMチューナ、スピーカを内蔵。9cmのダブルコーンスピーカユニットとスピーカボックスの容積を効率よく確保できるスクエア形状により、コンパクトサイズながら迫力ある低音を再生するとしている。

  • 収納式ハンドルを搭載する

 USB端子も備え、USBメモリやデジタルオーディオプレーヤー内のFLAC、WAVファイルの再生にも対応。CD、USB再生時は「スピードコントロール」や「5秒スキップ」「A-Bリピート」などの機能を搭載し、語学学習にも最適だ。

 ボディカラーはブラウン、シャンパンゴールド、シルバー、ブラックの4色を用意。収納式ハンドルを備え、持ち運びもしやすい。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加