JVC、高解像度サウンドが再現できるインナーイヤー型ヘッドホン

加納恵 (編集部)2014年10月22日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「HA-FXT200/FXT100」

 JVCケンウッドは10月22日、JVCブランドから密閉ダイナミック型のインナーイヤー型ヘッドホン「HA-FXT200/FXT100」(FXT200/FXT100)を発表した。新開発の「Hi-SPEEDツインシステムユニット」を搭載する。発売は11月上旬。想定税別価格はFXT200が1万4000円前後、FXT100が9500円前後になる。

  • Hi-SPEEDツインシステムユニット

 低音域用と中高音域用の2つのユニットを配置した独自の「ツインシステムユニット」に、振動板の応答速度を高めるマグネット構造を採用した新開発のHi-SPEEDツインシステムユニットを搭載。中高音域用ユニットにはチタンコート振動板、ユニットベースにはブラス(真鍮)を用い、厚みのある高解像度サウンドを実現する。

 バスポートを2つ備えた「ツインバスポート構造」により、締まりのある低音域を再生。上位機となるFXT200のみ、Hi-SPEEDツインシステムユニットの各ユニットに3つのマグネットを配置した「トリプルマグネット構造」を採用し、応答速度を飛躍的に高めた。

  • 「HA-FXT200LTD」

 イヤーピースは、内壁に反射音を抑えるディンプルをスパイラル状に配置した「スパイラルイヤーピース」を採用。弾力のあるエラストマー樹脂の新開発フィットサポートにより、安定した装着感が得られるという。

 あわせてゴールドカラーのオーナメントを採用した数量限定モデル「HA-FXT200LTD」(想定税別価格:1万6000円前後)も発売。銀コートOFC線の編組コードに変更されている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加