logo

JVC、耳の奥まで届く高音質「新ダイレクトトップマウント構造」採用のヘッドホン

加納恵 (編集部)2014年10月20日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは10月20日、JVCブランドからインナーイヤー型ヘッドホン4機種「HA-FXH30/FXH20/FXH10/FRH10」(想定税別価格:6500円前後/5000円前後/4000円前後/4500円前後)を発表した。クリアなサウンドと高い遮音性を実現する「新ダイレクトトップマウント構造」を採用する。発売は11月上旬。

 新ダイレクトトップマウント構造は、筺体の先端にドライバユニットを直接固定することで、耳の奥で音を響かせる「ダイレクトトップマウント構造」を進化させたもの。伝搬速度に優れたチタンコート振動板を採用した新マイクロHDユニットと、共振を抑制する新メタルキャップを搭載し、高音質再生と高遮音性を両立する。

 HA-FXH30/FXH20には、新開発の「Hi-SPEEDマイクロHDユニット」を備え、濁りの少ない高解像度サウンドを実現。HA-FXH30のみ、グラスファイバを配合した高比重のハウジング、マグネット、ブラスを組み合わせたトリプルシリンダー構造を採用し、クリアなサウンドを再生する。

 HA-FRH10には、スマートフォン用のマイク付きリモコンを搭載し、通話や音楽再生、停止、スキップなどの操作が可能。無指向性コンデンサマイクを内蔵する。

 全機種ともに、エラストマー樹脂の新開発フィットサポートにより、耳にフィットする快適なつけ心地を実現。ケーブルの長さは1.2mで、S、M、Lサイズのイヤーピースが付属する。

  • 「HA-FXH30/FXH20」

  • 「HA-FXH10」

  • 「HA-FRH10」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集